スキー場 ゲレンデツアー

  1. HOME
  2. スキー場 / ゲレンデツアー

菅平高原スキー場 天狗ゲレンデまで0分のホテル朝日 スキー場ゲレンデをご紹介

スノーシュー テレマーク

信州菅平高原は、一年を通して自然を満喫できるリゾートスポットです。菅平高原スキー場は、スノーマシンにより12月上旬~4月上旬まで確実に滑走できるスキー場です。パインビーク・太郎・ダボスの3エリアに、個性豊かなゲレンデ。多彩なコース。スキー、スノーボードはもちろん、スノーシュー、クロスカントリー、テレマークスキーも楽しめます!ワンメイクの練習に最適なスノーパークも整備!極上のパウダースノーが皆様をお待ちしております。ホテル朝日周辺のゲレンデを中心にご紹介します。


ホテル朝日周辺ゲレンデ


日曜日の宿泊がお得!

ホテル朝日では、冬期間は日曜日の宿泊が格別に安くてお得です。帰る人が多い日曜日に宿泊すると、月曜日のゲレンデは独り占めできる確立は、ずっと高くなりますよね。そこでホテル朝日では、日曜日半泊朝食付きサービスをしています。詳しくは、宿泊プランのページをご覧下さい。


スキー子供の日(毎月第3日曜日)

小学生以下はリフト無料だから、お友達を誘って滑りにおいで!10歳以上の小学生はスキー学校が半額になりますよ。

お子様が遊ばれるのに安全な子供広場 ホテルの目の前

ホテル朝日の目の前に子供専用の遊び場があります。安心して遊べるキッズ天国は、大人も子供も一緒に楽しめる場所、そりやチューブなども用意してありますので利用してみてください。たくさん遊んで濡れても目の前がホテル朝日だから安心ですよ。


スキーレンタル

ホテル割引料金もありますのでご相談下さい。事前に予約していただけるとご準備いたします。



菅平高原スキー場 天狗ゲレンデまで0分のホテル朝日 スキー場ゲレンデをご紹介

ホテル朝日から太郎エリアとダボスエリアを一周するとだいたい3時間くらいです。午前中は奥ダボスまで行って眺望を楽しみ、ゆっくり休憩をとったら、それぞれの技術にあった楽しみ方で思い出を作ってください。菅平高原は基礎スキーからフリースタイルまで楽しめるコース設計がされていますのできっと楽しんでいただけると思います。(ゲレンデに制限がありますが、スノースクートも滑走可能です。詳細については、ゲレンデの変更もあると思いますのでスキー場にお尋ねください。


スノーシュー テレマーク

ホテル朝日に隣接する天狗ゲレンデリフトを上がると見える中央アルプスの眺望です。天気の良い日は、素晴らしいの一言です。またこのアルプスが近くに見える日は、天候が下り坂になる目安にもなります。


スノーシュー テレマーク

天狗ゲレンデの頂上から滑り降りた裏太郎ゲレンデの一望写真です。天気のよい日は、特に雪が締まってて音が鳴るんですよ。また誰にも荒らされていないゲレンデを独り占めすると・・・・シュプールが持ちよく残っているのをリフトの上から眺めるのもまた楽しいものですよね。


スノーシュー テレマーク

裏太郎を滑り降りて道路を渡り、裏ダボスゲレンデをリフト上から撮影した写真です。どこのスキー場にも雪がなくて困っていた頃でしたが、菅平はそんな時でさえ、これだけの雪があります。


スノーシュー テレマーク

裏ダボスゲレンデ上部から裏太郎ゲレンデ(太郎エリア)を見下ろした写真です。
ホテル朝日を出発し、全てリフトで移動しても滑って帰れる場所にある宿泊施設はうれしいですよね。
ここからシュナイダーコースに向けてスピードをつけて滑って行けば、シュナイダートリプルリフト沿いのミニパークに行けます。


スノーシュー テレマーク

シュナイダーコースは左ですが、裏ダボスをまっすぐ下に滑り降りると裏太郎ゲレンデが正面になります。ゲレンデに自分のシュプールを残しカッコ良く滑ってみましょう。


スノーシュー テレマーク

奥ダボスの白樺と雪の風景がとても綺麗な場所で、奥ダボスは菅平高原スキー場の中でも山頂に位置し、すべての景色が見渡せる場所です。根子岳が目前に迫る迫力はきっと自然のすばらしさを見せ付けてくれるはずです。


ダボス地区は、自然のスケールを感じるゲレンデなのですよ。


スノーシュー テレマーク

この場所は、菅平のゲレンデで一番の眺望を体験できる場所でしょうかね。この日は、修学旅行生徒がこの場所で講習を受けていましたが、思い出の写真は、ここでしょうね。


スノーシュー テレマーク

表ダボスゲレンデでは、スノースクートで楽しんでいる方もいます。ちょっとお話を聞くと広いゲレンデがお好みなんだそうです。


スノーシュー テレマーク

帰りは裏ダボスゲレンデから滑り降り、道下を通って裏太郎ゲレンデに向って左端のステージ1リフトに乗り天狗ゲレンデ頂上からホテル朝日に滑り降りる事が可能です。急斜面が苦手な初心者の方には、写真左方向の裏太郎チャレンジコースから林間コースを滑ってホテル朝日に帰ってくる事も可能です。林間コースは菅平ダボス方面の景色が見える場所もありますので、根子岳の風景を楽しみながらお帰りください。


スノーシュー テレマーク

スノーシュー テレマーク

林間コースの写真ですが、狭いので人とぶつからないようにゆっくりどうぞ、修学旅行生もここを通れば大丈夫ですよね。


ページトップへ↑